会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第37段 利益をもたらさない従業員はいらない
 テーマ 従業員をうまく仕切る) 平成14年10月7日

●リストラは悪いこと?

 売上が上がらずに、利益も出ない――。こういう状態で、経営者がやらなければいけないことは、従業員を解雇することだ。日本の経営者は従業員を辞めさせるのは「かわいそうだ」と情に流されてしまい、結論を先延ばしにしがちである。しかし、それで倒産すれば、全従業員を路頭に迷わせることになってしまう。

 従業員100人の会社ならば、半分の50人に削減して、給与を1.5倍にする。優秀な人材を残して収益体質にすれば、50人は困らないで済む。彼らの給料が上がって、よりがんばるようになり、利益を出せたほうがいいわけだ。

 人を辞めさせることは、経営者にとって、ツラい仕事であり、厳しいと感じるかもしれないが、たとえばガンと告知された場合、皆さんはどうするだろうか? ほとんどの人は、摘出手術を受けるはずだ。そのままにしていたら死んでしまう。リストラも同じことがいえる。

●仕事の成果を正当に評価する

 経営者は、つねに従業員の仕事ぶりを正当に評価をする必要がある。中小企業では、社長がそれを判断できなければ業績を上げることはできない。その評価基準となるのは、与えられた仕事の成果とそれにかけた時間だ。

 従業員Aさんに与えた仕事をBとすると、社長は「このくらいの時間がかかるはずだ」ということがわかる。もちろん、従業員の能力の違いや、AさんにはC、Dなど、その他の仕事もあるから、すべてを加味して時間を予想して、あがってきた仕事を評価する。

 そうすると、本当に仕事がいっぱいで残業をしているのか、ダラダラと仕事をしているのかが判断できる。つねにチェックしていれば、Aさんが成長しているかどうかも把握できる。こうしたことをすべての従業員に対して行う。

 結局のところ、会社に利益をもたらさない従業員はいらない。そうではない従業員がいたら、会社が赤字になってしまう。その一方、従業員は「組織が支えてくれる。給料を払うのが当たり前だ」と、いまだに信じている人がいっぱいいる。

「会社のためにやります」「社長、がんばっています」
 といいながら、10万円の働きしかいないのに、給与を30万円払っている従業員は、辞めさせるしかない。そのままいたら、会社にとっても不幸である。いまは雇用に対する考え方が変化して、厳しくなっている。それに気がつき、変われない会社、従業員は生き残ることはできない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号