会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第58段 妻は味方? それとも足手まとい?
 テーマ バックオフィスを効率化する) 平成15年3月3日

会社の指揮・命令関係が崩れてしまう

 経営者にとって、妻は最大の味方であり、ネックにもなる。いいところは、タダで働いてくれることだ。独立開業当時は、お金がないから、人が雇えない。自宅でスタートすれば、電話番や経理を妻に頼むのは自然な流れだ。

 しかし、会社を大きくしようと思ったら、妻は会社からはずれるべきだ。妻が会社にいるところは、大きくならない。

 第一に、会社では指揮・命令は社長から部下にするが、夫婦関係は対等な関係なため、妻の都合に応じて、妻と部下の立場を使い分ける。たとえば、「電話の対応が悪い」と社長である夫が注意すると、「忙しいのに電話を受けてあげているのよ。うるさいことをいうのなら、自分で出なさいよ」となる。従業員の目の前でこのようなことがあると、どちらが社長かわからなくなる。

●従業員との関係もスムーズにいかない

 第二は、お金の使い方だ。交際費として銀座のクラブで5万円を使ったとしよう。生活費が20万円の妻にしてみると、その領収書を見ると、「なんで生活費を上げてくれないのに、飲み屋に行くの?」となる。会社の資金の流れは、売上が大きくなればなるほど、仕入や経費に大きな金が出るのは当たり前なのに、節約がいつも頭にある主婦感覚の妻にとっては、みんなムダ金に見えてしまう。

 モノの仕入ならば理解できるが、人件費など無形なものに対しては、つねに高いという意識を持つ。いまはリストラ全盛だから、従業員それぞれの価値がわからず、給料を一律下げるように夫に対し、うるさく言ってくる。

 第三に夫婦ふたりで経営している会社には、従業員は居づらい。夫婦ケンカをして険悪な雰囲気になることもあるだろうし、女性からの電話を妻が受けると、仕事関係者なのか、飲み屋関係なのかもわからず、機嫌が悪くなる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号