会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第181段 売掛金の回収の仕方2
 (
テーマ 売れる営業になる) 平成17年7月11日

●売掛金は溜めさせない

 回収において重要なのは、「支払いは溜めさせない」こと。溜めさせれば、溜めさせるほど、払えなくなる。一番わかりやすいのは家賃。たとえば月10万円とすると、10万円は払えるが、10ヶ月溜まったら、100万円にもなる。10万円さえ払えない人は、100万円は当然払えない。

 融資をしている銀行を考えてみても、カネボウ、ダイエーなどのように債権が巨額になると、抜き差しならない状況になる。破たんすると債権がゼロになり、銀行本体にも影響を及ぼすため、なんとかして再建しようとする。

 冷静に考えれば、銀行がそこまで貸し出しているから悪いとわかるが、人間は欲があるから、どうしても期待する。当事者になると、諦めるのは難しい。

 結局、きちんと売掛金の管理をして、10万円を滞留したときに、すぐに10万円を払わせることが、お客さんと長くつき合っていくコツである。

●滞留した時点で商品・サービスの供給を停止

 次に、もし支払えない状態だったら、どうするかという問題がある。お客さんの状況は個々に異なり、督促した際に「いま、お金がないから、○月の末まで待ってください」といわれたら、待つしかない。

 そのときに、商品・サービスを供給するのは、やめなければならない。その状態で、供給し続けていれば、どんどん債権は膨んでいくだけだ。

 詐欺師のやり方は、最初は少額を借りて、すぐ返して安心させたあと、次は高額になり、ドロン。行方をくらませる。タチの悪い会社も、最初に催促されたときにはすぐ払い、相手を安心させる。継続供給していると、次は2〜3ヶ月遅れたり、払わなかったりする。

 継続供給を行うのは、滞留を認めたことになる。商品・サービスの供給が継続している限り、先方は困らない。困らないので、いつまでもお金は、入金されない。これでは、負けである。

 勝つためには、早い時期に諦めて、溜めさせないこと。10万円であれば「もう仕事を継続できません」と、関係を切ることができる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 無銭飲食は、許さん。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号