会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第189段 ビジネスは、経済戦争である15 攻撃と守備は3対7
 シリーズ ビジネス戦争論) 平成17年9月5日

●攻撃と守備の比率を考える

 攻撃だけ考えていても戦争は、勝つことはできない。テロ対策を常に考え、守りにもお金をかけなければいけないというわけだ。また、攻撃が7で守備が3では、攻撃が失敗したときに耐えられなくなる。兵士が落ち込み、士気が落ちて、それだけで負けてしまう。

 は攻撃と守備は3対7だと考えている。「社運をかけて新規事業に取り組む」「新商品の開発には社運をかけている」「赤字覚悟の大バーゲン」というのは、バランスが崩れている。

 きっちりと利益を出せる商品・サービスがあるからこそ、新規事業や新商品の開発、研究開発などに投資できる。守るべき商品・サービスがないのに新商品の開発をして、うまくいかなければ、破たんする可能性も大きい。

 攻撃と守備の比率は、企業の成長段階に応じても異なってくる。商品でいえば、開発、事業化、産業化にいたるまでには、3つの谷があり、良い製品でも、時期が合わなければ、売れない。そのフェーズごとに、社長はその比率を考えなければならない。

●3つの守備を意識しているか

 今の時代の大会社の守備として、代表的なものとしてM&A対策、コンプライアンス(法令遵守)、システムダウンの3つがある。

 今年5月の価格比較サイト「価格.com」を運営するカカクコムは、不正アクセスによる改ざんを受け、一時閉鎖せざるをえなかった。10日後には再開したが、ネットで商売をしている企業にとっては、命取りである。ウイルス感染やメールアドレスの漏洩という崩れた信用を取り戻すには時間がかかる。

 大企業だけではなく、先の3つの守備は中小企業の社長も真剣に考えないといけない。企業の社会的責任は、時代とともに大きくなっている。今年4月に「個人情報保護法」「改正特許法」が施行。来春には、企業の不正などを通報した内部告発者を守る「公益通報者保護法」が施行予定だ。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 受けて、勝つ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号