会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第193段 社員の意識変化を知っておく
 テーマ 従業員をうまく仕切る 平成17年10月3日

●修行時代を耐えられない20代が増加

 一人前になるまでは、修行時代。昔の言葉でいえば、丁稚奉公である。このときには、ひとりでは仕事ができないから、常に命令される。また、注意されることも多い。一般的に20代前半から半ばは、体力や記憶力、柔軟性があるため、本人の努力次第で、大きく成長できる時期だ。

 しかし、いまの世の中、次のような3つの風潮があるため、修行時代を耐えられずに、辞めてしまう人が多い。

 まず、会社で自分の仕事だけを無難にこなせればいいという「サラリーマン根性」が浸透している。そのため、努力を怠ってしまう。

 第二に格好をつけたがる人が多く、仕事の中身ではなく、職種で仕事を選ぶ傾向が強い。外資系企業のコンサルタントは典型的な例だ。実際の仕事を知ると、「こんなはずではなかった」「想像していたのと違う」――。

 また、外資系企業で実際に行っている仕事はファイリングだとしても、秘書だと、まわりの人に吹聴してしまう。

 第三に、自分の実力が伴っていないのに、「いいな」という直感だけで求人情報に応募する人が増えている。

●仕事がイヤなら、簡単に辞めてしまう

 「男子一生に仕事」という概念が以前はあり、就職するときには「一生をかけるに値する仕事」を慎重に選んだものだ。ところが、現在は転職が一般的であり、求人サイトなどでは、それを煽っている。

 その結果として、「仕事がイヤになったら、辞める」という考えをもつ人たちが増えている。

 「燃え尽きました」とにメールで伝え、退職した社員がいた。ヤル気がなくて、惰性で働いているから、「燃え尽きる」のであり、社長が「燃え尽きる」という表現を使うときには、会社がつぶれるときだ。

 社長と社員とは非常に考え方にギャップがあり、いくら話しても、わかりあうことはできない。では、社長はどうすればいいのかを、第194段でお話しする。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 会社は、甘える場所ではない。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号