会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第218段 儲かる会社16 儲かる会社の社長は、健康である
 シリーズ 儲かる会社、儲からない会社) 平成18年3月27日

●42歳前後でなぜ体を壊すのか?

 男の厄年は42歳。この前後の年齢も「前厄」「後厄」と呼ばれている。ちょうど、この年齢は30代で独立した人たちが事業拡大をしている時期だ。

 まじめで能力も高く、地道に仕事をしていれば、取引先が増える。従業員を採用するようになり、5〜6人ぐらいの規模となるのが42歳前後。働きざかりなのに、体を壊している社長が少なくない。

 それでは、なぜ体を壊すのだろうか?まず、採用するのにお金と時間をかけないからだ。そうしないと良い人材の選考は難しいにもかかわらず、無料のハローワーク経由で採用する。

 良い人材を採用していないため、お客さんとトラブルを起こす。デスクワークも完ぺきにこなせないから、そのフォローをせざるをえない。従業員のしり拭いで体を壊すというわけだ。

●どうして従業員がトラブルを起こすか?

 ひとりで仕事をするのと、組織で行うのでは、求められる能力が違う。採用ひとつとっても、求人広告、適正検査や面接、選考、内定まで、それぞれ目的と方法がある。試行錯誤しながら、良い方法を考えていかなければならない。

 優秀な社長であれば、従業員の能力を見て、その長所を生かしたような仕事を与え、能率よく働かせることができる。従業員がトラブルを起こすのは、優秀な社長とはいえない。能力以上の仕事をさせるからだ。

 トラブルを起こしたからといって、辞めさせることは難しい。従業員にとっても常にハードワークとなり、楽しく仕事ができない。結局、居心地が悪い職場となり、人の出入りが激しくなる。こうなると社長は教育する時間もなくなり、ひたすら虚しい仕事をせざるをえない。それで体にムリがきてしまう。

 このような負の循環に陥ると、日々勉強したり、スポーツをしたり、良い友だちとつき合う、家族と過ごすという時間をとれずに、フォローできる範囲で事業も停滞。それ以上、大きくすることができない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 体が、資本だよ。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号