会社経営




中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第224段 適当な距離を保つ
 テーマ 従業員をうまく仕切る 平成18年5月8日

コミュニケーションをとりすぎると粗が見える

 社長が社員を良い店に連れていくのは、社会人としての経験を積ませたり、接待の仕方を教えたりすることにもつながる。また彼らがデートに使うこともできる。

 しかし、やりすぎるのはよくない。まずは、ありがたみがなくなる。加えて、1週間に一回といったように、社長と社員がコミュニケーションをとりすぎると、社長の悪いところが社員に見えてくる。恋人と毎日会っていると、粗が見えてくるのと同じである。良好な関係を保つには、適当な距離を保つことだ。

●社長が社員と飲む弊害

 社長が会社をどんどん大きくして儲けたいと考えていると、社員の成長を2〜3年で求めるため、いっぱい教えて、酒を飲むといったことになりやすい。残業している社員に、社長が「飯に行こう」と連れ出して、11時、12時まで飲む――。こうしたことを頻繁にやるのは、避けたほうがいい。

 第一に、社員は簡単には成長しないからだ。短期間で詰め込もうと、社長がいくら頑張っても、一人前になるには5〜10年かかる。焦らず、ゆっくり成長を見守ったほうがいい。

 第二に、週に何度も社員と飲んでいたら、会社が変になるからだ。お金だけではなく、社長と社員の時間も使う。平日夜や早朝に勉強したり、平常心を保ったりすることに時間を割けなくなるほか、始業時間に来られなくなり、全体の効率が悪くなる。

 社員が残業していても、社長は帰る。残業食事代を出して、各自で食事をするほうが、翌日しっかり仕事ができる。社員には、効率よく働いてもらうのが一番だ。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 社員には、社員の人生がある。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号