会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第226段 儲かる会社18 儲かる会社の社長は何でも早い
 シリーズ 儲かる会社、儲からない会社) 平成18年5月22日

●効率を考えていると、行動が早くなる

 儲かる社長は、常に時間に追われている。まず早足であり、早飯だ。早く目的地につくために早足になる。人に会うときに、10分前に到着するか、10分遅刻するかは、大きな差があり、精神的にまったく違う。余裕を持つために早足で、10分前に到着する。

 早く食べて、早く仕事するために早飯になる。効率を考えると、ひとつ1つの動作が早くなり、何でも早くなるというわけだ。昔から「忙しい人に仕事は頼め」といわれるのも、そのためである。

 納品する際でもギリギリではなく、早く入れたほうが、お客さんには「やる気がある」「余裕がある」と感じさせることができる。その場しのぎでは、いい仕事ができない。間際で納品しようとしたら、ミスの修正ができなくなるうえ、納期を過ぎることにもなりかねない。

●常に先手、先手

 執筆するときにも、パソコンに向かって考えるのと、その前に考えて構成まで決めているのでは大きな差になる。考えつくして一気にやるから、早く、ムダがない。この「仕事の徒然草」は、常日ごろ、気がついたことをメモしておき、テーマとしている。執筆するときにテーマから考えていたのでは、時間がかかるだけではなく、決まった日時に配信できなくなる。

 社長にとって、もっとも重要な仕事は決断することだ。社長が行き当たりばったりの言動が多ければ、従業員が煽(あお)りを食い、混乱する。結局、優秀な従業員が入らず、育てることもできない。

 決断するためには、長い整理整頓が必要である。そう考えると、決断するための時間は長いといえる。「第125段 始める前に、徹底的に考える」でも触れたように、コストが発生するのは、行動を起してからだ。いくら考えても、その間はコストが発生しない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

デートは、絶対遅れません!






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号