会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第244段 仕切っている人間に問題がある
 (
テーマ 商売の王道を知る) 平成18年9月25日

●なぜ社長の指示どおりに動かないか

 第243段で説明した本来1ヶ月で上げなければいけないレポートが、3ヶ月になったときに「遅れたのか」と平然としている社長だと、生き残れない。「その3ヶ月間は何をしていたのか?」「黄色といったのに、どうして緑色になったのか?」と激怒しなければならない。社長は、そういう組織になったのは自分の責任であり、組織を背負っていることを忘れてはならない。

 トラブルの多くは、仕切っている人に問題がある。原因究明する際も、同様に推定する。レポートの例では、いずれにしてもA取締役の仕切りが悪い。A取締役が部長に指示するのを忘れていたのか、部長が忘れていたのか、実際レポートを作成する人が突然、入院していたのかもしれない。遅れさせた人間がAグループのどこかにいる。

●考えていないのに、努力しているふりをする

 黄色と指示したのに緑色の製品ができた例では、緑色と指示した人間がどこにいるのか。研究部門なのか、製造部門なのかを見極める必要がある。

 問題の従業員がわかれば、どうするかの具体的な議論になる。ただし、問題の従業員かどうかを判断するのに、分析が重要になる。たいていの場合、「頑張っています」「毎日残業をしています」と努力しているふりをするため、判断しにくい。実際は頭を使って仕事をしていないわけだが、本人には悪気がなく、自覚していない。本人や、周囲にヒアリングして、慎重に調査・分析しなければならない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 悪気が無いほど、たちが悪い。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号