会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第264段 社長の一番大きな仕事は、後継者をつくること
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成19年2月12日

事業継承を考える時期が遅すぎる

 戦後、20〜30代で創業し、一代で会社を大きくしてきた社長の最後の望みは、「後継者に会社を継いでほしい」ということ。息のかかった後継者が会社を継いでくれるのが一番幸せだ。

 「オレが死んだら、会社はどうなるのだろうか」と心配して経営者が3億円という経営者保険に加入するのも、会社をつぶしたくない一心からである。しかし、万が一には備えるのに、会社にとって肝心要の後継者選びは先送りする。

 引退間際になって、死んだらお金はもっていけないことを実感して、「商売が宝であること」に気がつき、やっと事業継承を考えるのである。「会社が存続してほしい」と考えるのが遅いから、十分な準備ができない。

 加えて、日本は少子化が進んでいるうえ、ハングリー精神のある男性が少なくなっている。経営者としての潜在的な能力を持つ男性は、1000人のうち、ひとりいるかいないかであり、そうそう簡単に見つからない。

すべて後継者にかかっている

 息子や娘がいても、会社を継ぐには人間の器としての問題もある。会社を大きくした社長は、たいていは裕福な暮らしをしている。子どものころに貧しかった社長ほど、自分の子どもには贅沢をさせるため、二代目として必要な能力や資質を養うことができない。

 息子や娘、企業内の人材から後継者を選ぶにしても、結論からいうと、事業を永続的に行っていくためには、後継者を計画的に育てることが必要だ。後継者を社長が育てることにより、会社が発展する。それによって、創業者の30年間ではできなかったことが、次の社長と合わせて60年間で実現できる可能性が大きくなる。60年間という時間があれば、競合他社がつぶれて一番になるかもしれない。

 時間軸で考えると、まったく違う見方ができる。実現できるか否かは、後継者にかかっている。社長にとって一番大きな仕事は、後継者をつくることだ。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 継ぐ者は、いつ現れるのか。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号