会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第275段 IT化は、社長が率先して行うこと
 (
テーマ パソコンで情報活用する) 平成19年4月30日

苦労を惜しんでは、ならない

 コンピュータが常識、インターネットが生活の一部になっている現在、メールは社長が行わないと意味がない。メールを使えれば秘書も不要である。また勢いのある20代社長ともつき合える。社長自らがワード、エクセル、メールを積極的に使うことで、会社の効率は上がる。パソコンによって劇的に上がる生産性と、達成感を味わうために伴う苦労を惜しんではならない。

 一方でメールが膨大にくるという弊害があるが、仕事の効率は確実に上がっている。社内の同報メール、通達など、毎日100通ぐらい届く大企業の部長であれば、100通分の仕事がメールになったということであり、整理整頓、共有化、正確に処理できる。メール中心の仕事が究極の姿であり、メールの処理が仕事そのものになっているといえる。

IT投資は回収までを、考えること

 社長がコンピュータ、システムに対する理解や知識がないと、効率が上がらないどころか、システム部門は会社にとって大切な部署にもかかわらず、評価が低くなりがちだ。担当になった従業員が冷や飯を食うことになる。予算が割り当てられずに、良い人材を配置することや良いシステムをつくることができない。システムが不安定だと、現場が混乱する。仕事そのものに影響して、人件費も増大することになる。

 加えて、高い商品や不要なものまで買わされることが多々ある。ITベンダーの“かも”になりやすい。たとえば、メールマガジンを配信する際、無料で使える「まぐまぐ」があるのに、独自配信システムを買う。ホームページをつくると、Webサーバーを購入するなど、膨大なIT投資の効果が上がっていない会社がたくさんある。

 きちんとしたIT投資をするための絶対条件となるのは、社長がどのようなシステム、どのようなコンピュータを購入し、どう使っていくか――。どのように回収するかをきちんと理解し、判断できることがカギとなる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 箸の使い方を、覚えなさい。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号