会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第325段 お礼ができないと、次がない
 (
テーマ 商売の王道を知る) 平成20年4月14日

●“もらいっぱなし”は最悪

 交際費を削っている会社が多い中、ありがたいことにの事務所では、お中元・お歳暮をたくさんいただく。私はお中元・お歳暮を「お客さんによいサービスを提供したかどうかのバロメーター」だとシビアにとらえており、届くたびにお客さんに支えられているなぁと実感している。

 そう考えていても、もらいっぱなしでは、気持ちは伝わらない。私はハガキを常に用意してあり、すぐに手書きでお礼状を送っている。電話をかけてもいいが、相手の時間を使う。ハガキだと開封の手間がなく、50円と安い。

 贈る側の立場で考えてみると、お礼がないとがっかりする。喜んでくれない人にあげたくないのは人情であり、モノだけではなく、食事や情報、知識なども同じで、二度と与えてもらえなくなる。

●感謝の感性を磨く

 の事務所に期待しているお客さんは、お中元・お歳暮だけではなく、いろいろなことを行ってくれる。たとえば、出張したときには夕食だけではなく、翌日の昼食の予約してくれたり、グリーン車をとってくれたり、お土産を渡されることもある。このような丁重なもてなしを受けたときに、相手の気持ちを理解する必要がある。それが理解できれば、相手の心に響く表現ができる。

 感謝の表現は、「ありがとうございます」だけではない。「一生の思い出になりました」「お心づかいに感謝いたします」など、枚挙にいとまがない。お店を出るとき、別れるとき、メールや電話など、伝えるときや手段に応じて、使い分けるのが望ましい。他人が何かしてくれることを当然と考えいては感謝の感性は磨かれない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 何かをあげるから、何かをもらえるんだよ。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号