会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第400段 会社を長持ちする道具にするには
 (
テーマ 大局から経営を考える) 平成21年11月16日

●利害関係者に最適な富の分配をする

 会社には株主のほかに、従業員や経営者、顧客、仕入先、社会(国や地域)という大切な利害関係者もいて、その人たちに最適な富の分配をする社会的責任を持っている。顧客と仕入先にはビジネスを通じて価値を提供し、従業員には給与、経営者には報酬、社会には税金、会社の将来のためには内部留保として分配している。

 それなのに、「もの言う株主」が増え、株主総会で「利益を出さなければ配当を出せないだろう」「儲けられなければ経営者を変えるぞ」と社長に迫ることが少なくなくなっている。配当が上がれば、株価が上がり、株主は常に短期の結果を求めるが、経営は長期的な視点で成長させるのが一番良い。つまり、株主の要求にそのまま応えることは、会社を傷めることになる。

●道具を磨くのは従業員

 そもそも所有と経営が分かれたのは、優秀な経営者に任せるためで、株主は経営の知識が豊富ではない。加えて、株主は経営者を供給しないから、従業員の中から育てていかなければならない。会社の未来をつくれない株主に配当するぐらいならば、未来をつくる従業員に賞与を払い、働くモチベーションにしたほうがいいわけだ。

 お金がほしいのは株主だけではなく、従業員や社会も同じである。社長は利害関係者みんなにいい顔をするのではなく、いかに仕切るか。「あなたがいうことならば納得だ」とみんなが認めるのが、優秀な社長といえる。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 捨石になれ。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号