会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第409段 会社経営を導くコーポレートアイデンティティ
 (
テーマ 従業員をうまく仕切る 平成22年4月5日

●人の集合体としての会社

 社長が人事部長に「来年の採用はこのように頼むな」といっても、実際に仕事をするのは従業員である。たとえば新人採用で多くの応募者の中から選ぶのは、人事部長ではなく、人事課長である。従業員はみな社長のいうとおりに働きたいと思っているが、指示は伝言ゲームのように伝えられるため、その意図がわからないと判断を間違えやすくなる。

 会社は人の集合体であり、個々人はいろいろな考え方をする。集合体として力を発揮するためには、「どのように働くか」という正しい考え方、方向性が必要だ。それを表すのがコーポレートアイデンティティであり、その中でもっとも大切なのが経営理念だ。末端の従業員まで、経営理念が浸透されていれば、現場で判断を誤ることが少なくなる。

●社長はくり返して強い信念を伝える

 優れた社長は、「会社をこのように導きたい」という経営理念や行動理念を何度もくり返し語り、従業員に染み込ませていく。経営理念は、社長の思いを伝えるような力強い言葉で、いつまでも朽ち果てず、従業員と価値観を共有できるような言葉であるべきだ。

 社長がカタカナばかりを使い、「これをあなたたちの現場に、どういう意味かを翻訳して伝えろ」と部長にいうのでは、まったく役に立たない。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 社長の心を理解させるのは、容易なことではない。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号