会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第470段 「貧富の隔たりは心得一つ」
 (
シリーズ 遠きをはかる) 平成24年10月15日

ロングスパンで事業計画を設定する

「貧者は昨日のために今日勤め、昨年のために今年勤める。それゆえ終身苦しんでもそのかいがない。富者は明日のために今日勤め、来年のために今年勤めるから、安楽自在で、することなすことみな成就する」『二宮翁夜話(上)』(福住正兄原著:佐々井典比古訳注)に掲載されているのことばである。

 社長たるもの、目先のことだけに重きをおくのではなく、5年先、10年先といった中長期的なスパンで戦略的に事業計画を練り、お金と時間をかけて実行していかなければならない。具体的な経営計画で考えてみると、まず「1年」があり、「中期(3〜5年)」「長期(7年〜10年)」「一生(人生)」となる。短期の目標は設定しやすいが、ロングの目標になればなるほど設定しにくいものだ。

ポジションや価値観に応じて目標を見直す

 1年の経営計画は当然として、最低でも3〜5年先の中期目標を想定して、現在の行動に反映していくべきである。そうしないと日々の忙しさに流されてしまい、目の前の金は稼げても付加価値がどんどん落ちていくという状態に陥る。クリエイティビティがなくなれば、会社は危うくなっていく。できれば7〜10年くらい先の長期的スパンで将来をしっかり考え、日々行動していくのが望ましい。

 難しいのは、そのときどきのポジションや年齢によって価値観が変わっていくことだ。何かをクリアしてステージが上がり、次にまた違う何かをクリアする、という成長とともに、価値観も変化していく。

 ある程度お金がないと見えないものもたくさんあるし、社会的なポジションを得たからこそ気づくことも多数存在する。世の中の理(ことわり)を理解できて初めて、自分のやるべきことが新たに出現してくることもある。だからその都度、設定した目標を見直すほうがよい。ただ、いずれにしても自分のやるべきこと、やりたいことは、すぐには実現しない。長く地道にやっていく覚悟が必要である。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号