会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第484段 上司の言うことが通らない[その1:角を立てない日本人の国民性]
 (
シリーズ お役所しごと番外) 平成25年5月20日

「肯定すれども動かず」という暗黙の了解

「お役所の病状」の3番目として、上司の言うことが通らないという点を指摘したい。
 どういうことかというと、意に沿わないことを上司から言われたときに日本人は、否定をせずに「ハイハイ」と言う。言うけれど、実際にはやらない。「総論賛成、各論反対」を態度で示す。
 これは、「嫌いなものを嫌いと言わない」国民性である。「文句を言いはしないけど、やらない」という国民性でもある。表面きってはっきり抗議することはないが、陰でよしとしないことは一切やらないのだ。「頷いているのに誰もやっていないということは、あなたの意見がおかしいってことだとわかってね」という暗黙の了解の世界である。

 組織が大きくなればなるほど、正面からぶつからないかわり、放置する傾向が強くなる。日本人の奥ゆかしさの現れとも言えるだろう。いいとも悪いとも決めがたい日本人特性である。
 だが、会社組織は本来、軍隊を目指さなければならない。なぜなら、最強の組織は軍隊だからだ。白を黒と言われておかしいと思っても、黒と言わなくてはいけない軍隊が理想の組織である。それを裏返せば、軍隊組織になっていない会社は弱いということになる。

間違いを指摘する際の気配り

 軍隊といえども、法律に抵触する命令には従う必要はない。コンプライアンスを遵守し、「それは違います」と言わないと、どうしようもない。
「お前、死んで来い」と命じられたら、「イヤです、死にたくありません」と言うべきで、お国のために特攻して散っていく美学はいまの日本にない。
 軍隊組織は究極の組織ではあるが、公平公正な情報に基づき、自分自身の判断で最適な行動をとっていかなければいけない。

 上司の言うことが間違っていると思うときもあるだろう。そのときは、もちろん指摘してかまわない。だが、言い方ややり方に気を配る必要がある。
 手っ取り早く乱暴に物事を片付けてしまおうとして、卓袱台を目の前でいきなりひっくり返すのはルール違反で、とりあえず、ひっくり返すのは卓袱台の上のお茶くらいにすべきである。その際、熱いお茶が相手にかからないよう配慮できれば、さらに大きな効果を得ることができるかもしれない。
 逆に上司の側も、自分の言うことを部下がやってくれない場合、言い方ややり方に問題がなかったかを見直したほうがいいだろう。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号