会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第32段 儲かる会社4 儲かる会社の社長は、必ず自分のせいにする
 シリーズ 儲かる会社、儲からない会社) 平成14年9月2日

●社長が他力本願では会社がつぶれてしまう

 儲からない会社の社長の典型的なパターンは、会社の業績が悪い責任を景気のせいにする。中小企業は、日本経済の影響をそれほど受けない。どんな産業でも、急になくなることはありえないし、数兆円の市場はある。悪いといわれている建設業界でも、絶好調の会社はある。

 会社の業績が悪いのは、基本的にすべて社長の責任といえる。「そのうち、なんとかなるだろう」と、なんの手も打たずに、他人のせいにしているのは、経営責任を放棄していることだ。儲からない理由は、必ずある。その理由を分析して、ひとつ1つ解決策を考えて、実行していかなければ、業績はよくならない。社長が他力本願では、会社がつぶれてしまう。

 たとえば、不景気だからと、受注額が減るのは社長に営業力がないだけだ。毎日、どれだけメールを書いているか? 何本の電話をしているか? 突然、無から有が生まれるわけがないから、忙しくても、どれだけ人とつき合っているか、外出して何人と会っているかが勝負になる。

●結論を先延ばしにしたら、ますます悪くなる

 儲からない社長が、よくいうのは「景気が悪い」だけではない。次に多いのは、二代目社長が「オヤジが自由にやらせてくれない」と嘆くことだ。一方の創始者である父親は「息子がしっかりとやらない」とコボしている。お互いに甘えているから、うまく経営がいくはずがない。それ以外をまとめると次のようになる。

◆社員 「社員がダメ」「いい人材が採用できない」「すぐ社員が辞める」
◆銀行 「銀行が金を貸さない」(貸してくれない要因がある。そもそも借入
をしなければいけない状態になることが悪い)
◆店舗 「立地が悪い」「競合他社が近くにオープンした」

 儲からない社長は精神的に弱いから、結論を先延ばしにする。現状に流されてしまい、目の前にある問題を解決できない。業績が悪くなっているのならば、リストラをしなければいけない。「社員がダメ」と嘆いているのならば、能力のない社員はリストラして、新たに社員を雇ったほうがいい。

 20代の社員をひとり雇うと、給与が毎月20〜30万円、賞与が年2回、40〜50万円として、1年間で人件費が320万円になる。それに対して、求人情報誌で求人をするコストは15万円。能力のない社員を抱えているよりも、新たに採用するほうが、はるかに安い。採用する際には、履歴書を見る、面接などの時間はかかるが、採用した人材が優秀ならば、リターンは大きい。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号