会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第216段 優秀な人材を採るには、見極める目が必要
 テーマ 従業員をうまく仕切る 平成18年3月13日

採用できない理由を、求職者に押しつけていないか?

 できる営業マンがいないと売上は伸びない。できる営業マンがいて、はじめて新しい売上が立つ。「できる営業マンが欲しいのに、求人募集してもいい人が来ない」という経営者はたくさんいる。

 残念ながら、そうボヤいている経営者は、良い人を採ることができない。なぜかといえば、採用できない理由を求職者に押しつけているからだ。武田信玄はいった「人は石垣、人は城」。良い材料、器具を調達しないと、良い石垣をつくれないように、良い人材を集める方法を考えないと、良い人材は集まらないのである。

●人を見極める目がないと、うまく選考できない

 従業員の採用は一般的には、求人広告を出して集客する、筆記試験(適正検査など)や面接、選考、内定、入社という手順を踏む。

 まず、良い人材を集客する必要がある。確率論的には、引き寄せる人数が多いほど良い人は集まる。応募者が100人いれば、個性や能力、IQ、性別、年齢など異なる。その中で優秀な人を選べるかどうか――。たくさん引き寄せても、選ぶ人を間違ってしまうと、会社に、試用期間を含めた給料の支払いという負荷がかかる。

 選考するには、経営者や人事担当に「この人はいい営業マンになる」という見極める目があることが不可欠だ。仮に人を引き寄せる力が弱くても、見る目があれば優秀な人材を選ぶことができ、組織として固まっていく。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 継ぐ者は、いつ現れるのか。






 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0028
東京都中央区八重洲2丁目2番10号八重洲名古屋ビル4階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3516−8945
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号