会社経営




記帳代行・経理代行・経理アウトソーシングのエース会計事務所

TOP
サイト内検索
公式プロフィール
スペシャルプロフィール
相互リンク募集中
中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都
経費削減の殿堂 スーパーコストダウンドットインフォ
法人税法・所得税法・会社法 税法令条文検索ソフト TAX Navigator
外国為替TTMレート・金利・株価 月末推移表
たんぽぽブログ エース会計事務所 公認会計士・税理士
 

第374段 儲かる会社30 儲かる会社の社長は平然としている
 シリーズ 儲かる会社、儲からない会社 平成21年3月23日

●従業員が社長の顔を見るとき

 の事務所では平成19年、同時期に数人の社員が退職したときがある。仕事を回せなくなり、リスクを考えると最悪「倒産するかもしれない」と頭をよぎった。

 順調なときには、社長は元気に振る舞っていられるが、このように情勢が悪くなると、どうしても暗くなる。情勢が悪いときほど、従業員は「どうなるのだろう」と社長の顔をよく見る。そのとき、どういう態度をとるのかリーダーには重要だ。

●励ますのか、感情をぶつけるのか

 こういうときの対処法は2つある。私は「残っている従業員を大切にするしかない。断らなければ仕事が2倍になる。それはできない」と決意して、退職する従業員の担当していたお客さんを断ることに決めた。もうひとつの方法は、残った従業員に期待して、引き継ぎをする方法だ。

 社長が焦って行動すると、離れようとしているお客さんを引き留めようとしたり、顧問料を上げる交渉したりしやすい。その分、従業員に負荷がかかる。

 は忸怩(じくじ)たる思いで、お客さんを断ったわけだが、その感情を従業員にぶつけたら、さらに状況は悪くなる。情勢が悪いときには、社長は平然としていなければならない。「みんなを疲労させないために、仕事を断った。ちゃんとやってくれれば、決して潰れないよ」と励ました。


 文責 山田 咲道 公認会計士・税理士
 中央区の税理士 エース会計事務所 会社設立できる公認会計士 東京都


(一言)

 人として、今に生きる。




 よろしければ、ぜひご購読をお申し込み下さい(Presented By まぐまぐ

 登録 メールアドレス: (携帯不可)
 解除 メールアドレス: (携帯不可)


Google
サイト内検索
Web http://www.jobtheory.com


〒104−0045
東京都中央区築地2丁目11番9号RBM築地駅前ビル6階(地図
TEL 03−3516−8941 FAX 03−3541−8755
E−Mail ace@jobtheory.com
URL http://www.jobtheory.com/

会社経営とは 戦う経営ブログ 社長の道!『仕事の徒然草』


前段へ 次段へ
TOP サイト内検索 テーマ別 日付順(No順) 最新号